宮のにぎわい 山車復活プロジェクト:head
2019/03/04更新 


2019.02.24  大黒町屋台の修復を宇都宮工業高校の生徒たちと行っております。



現在プロジェクトでは、大黒町花屋台の臨時修復に取り掛かっております。

大黒町花屋台は江戸末期に作られたと推測されており、形状から当初は山車として作られてその後に屋台となったのかもしれません。

今回、所有者が大黒町から所属の西原連合自治会に移ったのを機に修復を開始しました。
とりあえずのところ、今年5月に予定されている西原地区の新元号記念祝賀行事に巡行できるよう臨時修復をしております。

本修復は新元号記念祝賀行事後とし、とりあえず巡行できる状態にするのを目的に現在急ピッチで修復中です。

西原連合自治会の地域は移転前の宇都宮工業高校があった場所(現在の一条中学校と青葉高等学園)ということで、今回は宇都宮工業高校の生徒にも協力していただき修復中です。

地域の伝統文化継承という形で住民と高校生の交流が図れるということは嬉しいことです。

活動実績・予定一覧に戻る

宮のにぎわい 山車復活プロジェクト:right




宮のにぎわい 山車復活プロジェクト:foot2


宮のにぎわい 山車復活プロジェクト:foot


(C)2011-2019 宮のにぎわい 山車復活プロジェクト事務局  〒321-0963宇都宮市南大通り4-7-20 たまき内  電話028-908-1300 HP管理人:事務局(若林)